社長挨拶

イマジカアロベイス代表取締役

イマジカアロベイス社長挨拶

当社は、経験豊富なIT技術者(エンジニア)による常駐型ICTソリューションや基幹・業務システム開発を展開しております。グループ会社である株式会社イマジカデジタルスケープがクリエイターの人材コンサルティング事業やデジタルコンテンツ事業を行っていることから、私たちは、クリエイティブ&テクノロジー集団を形成し、顧客が求める価値の創造に努めております。

社名である「イマジカアロベイス」の「アロ(ALO)」にはラテン語で「育む」の意味があります。そして「ベイス(BASE)」は英語で「基盤」という意味であり、社名には人材を育てる基盤により、高品質なサービスを提供し続け、お客様と共に発展したいという思いが込められております。

テクノロジーの進化・発展により、世界が大きく変化している現在において、2020年に世界中で急速に拡大した新型コロナウィルス感染症は、日常やビジネス環境にさらに多くの変化をもたらし、既成概念や価値観をも変えました。

その変化は、我が国において働き方の多様化をもたらし、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進やデジタルテクノロジーを駆使したデジタル社会の実現に向けた改革が加速するきっかけにもなったと感じています。

私たちは、今現在そしてこれからも必要とされるエンジニアの育成と活躍の機会を創ることに加え、デジタル社会が求める新規サービスの開発により、エンジニアがさらに魅力を感じる企業を目指してまいります。

株式会社イマジカアロベイス
代表取締役社長 篠原 淳